お客様の声:Y様 60代女性

更新日:2020年10月10日

足の長さが違うことが悩みでした。そのせいでいつも方足に体重が乗ってしまい怖くて膝のサポーターがかかせませんでした。Footピラティスをするようになり、いつしか「膝のサポーターを外しても大丈夫・歩ける」と自信がつき外すことができました。


Refiからのコメント

ありがとうございます。

私もそうでした、痛みを経験すると恐怖から中々手放すことができなくなります。

痛みがある時やサポーターが必要な場合は無理に手放す必要はなく上手に付き合っていくことも大切です。

後、プラスして無理のない体の使い方を意識することで、より歩ける喜びが増すと思います。


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

お客様の声(40代男性)

指を使って歩くことを意識したら、腰が楽になりました。 S様、ありがとうございました。 奥様と一緒にウォーキングレッスンにいらしたのですが、膝と腰に慢性的な違和感を感じられていました。 拝見すると、かかと重心になり骨盤が後傾になり、指を上手く使えていない歩き方がクセになっていました。 まずは、足の裏をほぐすケアをして、指がつく感覚を体験していただきました。 次の歩行練習では、足を前ではなく後ろに出す

お客様の声 M様(30代女性)

「足は後ろへ出す」歩き方を実践したところ、足指から蹴りだす感覚が分かりました。 いつも張っていた向こう脛の違和感も少なくなり、ももの裏やお知りに筋肉がついてきて 腰も楽になってきました。 歩き方だけでこんなに姿勢が変わると思いませんでした。 M様ありがとうございました。 歩くことは日常のことなので、その日常の毎日がトレーニングになるとしたら365日 続けることができますよね。 是非、今後も歩くこと