• Foot Care Studio Refi

つま先立ちトレーニング

足腰を鍛えるために、つま先立ちのアップダウンのトレーニングを進められたことはありませんか?


ふくらはぎの筋肉を鍛えることは、血流をよくしたり、むくみ解消、老廃物を排出するためにもとてもよい運動といえます。


本日は正しい「つま先立ちトレーニング」の方法をお伝えいたします。

①足幅は腰幅より少し狭いくらい、足を平行にします。

(ふらふらする方は少し広めで、壁や固定された台などにつかまって行ってください)


②少しかかとを浮かして、指の付け根に体重が乗っているか確認する。

(指ではなく、指の付け根で押せてることが重要です)

※指先に体重が乗ってしまうと骨盤(お腹)が前に出てしまい、ふくらはぎの筋肉にうまく

力が入りづらくなります。


③そのまま頭のてっぺんを天井に伸ばすイメージで、更にかかとを浮かしていきます。

その時にふくらはぎの筋肉が硬くなっていれば、筋肉はうまく使えています。


④降ろすときは、更にあたまのてっぺんを伸ばしながら、かかとを下ろします。


何回か行っていると、ふくらはぎが熱くなってくるのを感じられます。

回数はまずは正しく、5~10回行ってみてください。


ポイントは反動をつけず、一気に上がるのではなく、ゆっくり5本の指の付け根で押すイメージで上がることです。


指の付け根を押せる感覚が出てくると、歩行の時に足を後ろに蹴りやすくなります。


キレイな歩き方を作るための第一歩にも繋がりますので、トライしてみてください。











1回の閲覧

最新記事

すべて表示