• Foot Care Studio Refi

歩き方の意識を変えてみる

通常歩く時、足を前に運ぶのが自然だと思います。

自然過ぎて、歩くこと自体に意識を向けたことがないという方も多いのではないでしょうか。


スタジオでは姿勢や歩き方がキレイになりたい、足トラブルや腰痛などの不調を整えたいとご要望のお客様に足は前に出すではなく、後ろに出して歩いてくださいとお伝えします。


後ろ足の指でしっかり地面を蹴ることで、自然と体重が前へと移動しやすくなります。

すると後ろからやさしく前へ押されるような形で、背筋が伸びて姿勢が正されます。

姿勢もキレイに見えて、モデルさんのように上半身が軽やかに美しく歩くことができます。


また、腰痛や歩き方からくる身体の不調を感じている方の中には、膝を曲げて足を前に前にがつがつと出そうとして体重が踵重心になり、腰に多大な負荷がかかっていることがあります。

もちろん踵も地面につくのですが、その後重心を指の付け根、指の腹でしっかり後ろへ押せる力が必要になります。


本日のトレーニング

ご自身の足の裏を触ってみましょう。

(入浴時、お風呂上りなどおすすめです)

①親指の付け根(母指球)を触る

②小指の付け根(小指球)を触る

③踵の真ん中を触る

時間があれば、左右の5本指の腹を触ってみる

その後、歩いてみて触った個所を使っているか確認してみてください。


触ることだけでも、意識が向きお休みしがちだった筋肉が目覚めてきます。


春になり、ウォーキングするにはいい季節です。

是非、歩くことを楽しんでみてください。












2回の閲覧

最新記事

すべて表示