• Foot Care Studio Refi

足のセルフケアWSを開催しました。

足のセルフケアワークショップ「ASRT」を開催しました。


ASRTとは?

身体の中に溜まってしまった、ストレス(硬さ)取り除くためのケアテクニックです。

3時間たっぷり足と向き合っていただく、ワークショップです。



「3時間も足に向き合うことってあるの?」と思われるかもしれませんが、お伝えしたいことは盛り沢山でして、あっという間に時間が過ぎてしまいました。


今回ご参加いただきました方は、股関節の違和感や外反母趾といった足にお悩みがある方でした。


この先長い人生を送るために、自分の足(身体)を今からケアしておきたいということでご参加してくださいました。



冒頭では、自分の足を知っていただくことから始めます。


次に足の機能、骨や筋膜の構造のお話、なぜ違和感や痛みが生じるのか?と理論を解説。


その後にセルフケア法をじっくりと学んでいただきました。


真剣にメモを取られている姿に、お役に立てる情報を余すことなくお伝えしたいとの熱い思いから気が付けばクーラーが効かないくらいに部屋の中はヒートアップしていました^^



受講者様のご感想

N様

片足のセルフケアが終わった後に立ってみたら、足の裏が地面にぴったり着いていました。

今までいかに、足全体を使ってなかったのかが分かりました。


M様

セルフケアの後は、足の指が浮いていたのがよく分かりました。

指を使って歩くと、股関節の違和感が自然と緩和されてました。

足は大事ですね。




足は身体の一番下にある土台です。


土台が崩れれば、その上にある身体(建物)は崩れてしまいます。


足はとても大切な私達のパートナーです。


毎日歩いてくれる足に感謝をして、歯磨きをするのと同じように足にもケアをしてあげたいと私は思います。



皆様も是非、長雨の梅雨のこの時期に足のケアを始めてみてください。



本日は最後まで、お読みいただきましてありがとうございました。



足のセルフケアワークショップは定期的に開催しております。


ご要望がございましたら、お問い合わせフォームよりお願いいたします。


皆様の健康を心より、願っております。





閲覧数:9回

最新記事

すべて表示

指を使って歩くことを意識したら、腰が楽になりました。 S様、ありがとうございました。 奥様と一緒にウォーキングレッスンにいらしたのですが、膝と腰に慢性的な違和感を感じられていました。 拝見すると、かかと重心になり骨盤が後傾になり、指を上手く使えていない歩き方がクセになっていました。 まずは、足の裏をほぐすケアをして、指がつく感覚を体験していただきました。 次の歩行練習では、足を前ではなく後ろに出す

「足は後ろへ出す」歩き方を実践したところ、足指から蹴りだす感覚が分かりました。 いつも張っていた向こう脛の違和感も少なくなり、ももの裏やお知りに筋肉がついてきて 腰も楽になってきました。 歩き方だけでこんなに姿勢が変わると思いませんでした。 M様ありがとうございました。 歩くことは日常のことなので、その日常の毎日がトレーニングになるとしたら365日 続けることができますよね。 是非、今後も歩くこと

歩き方を変えたら、すこぶる調子がいい! というA様は、学生時代の運動の影響で左右の股関節のバランスが崩れていました。 そして幼少期からずっと、しゃがむことも苦手だったそうです。 (スタジオにいらした時は、スクワットをすると後ろにコロンと転がってしまう位) ご自身では小さい頃からずっとそうだったので、元々足首が硬い体質なんだと思っていたそうです。 何十年もの間、足首は硬かったのですぐに改善されるもの