• Foot Care Studio Refi

足の姿勢を整えるには○○○が必要。

足には3つのアーチがあると、何となくご存知の方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか。

姿勢をよくするのに柱となる背骨回りを整えると思いますが、その柱の元になる

土台が崩れていたら支えるのは難しくなります。


二足歩行の人間の土台になるのは足です。

足の姿勢を整えることができたら土台はしっかりします。

それでは、足の姿勢って何だろう?

と思った時に、足には3つのアーチがあります。


石橋を想像してみてください。

もしその橋の石がグラグラしていたら不安定で、歩くのは怖くなってしまいます。

石同士がしっかり支え合っていたら強度が増し安定します。


前回、足(足首から下)には沢山の骨があることを記事に上げました。

足裏の3つのアーチは、その骨同士が支え合って造られています。

もし支えられなくなっていたら、アーチも崩れてしまいます。



簡単に、3つのアーチについてご説明いたします。

横のアーチ、内側のアーチ、外側のアーチがあります。


アーチの役割

・横のアーチ・・・前後のからだの揺れを制御、移動させる機能

・内側アーチ・・・からだの横の揺れを制御、順応させる機能

・外側アーチ・・・からだの左右の回旋の揺れを制御、安定させる機能


役割からみても、歩くなどの動作に必要な動きの補助や身体を支えるクッション

になっていることが分かります。
















それではアーチを保つためにはどうしたら良いのでしょか?

・自分の足を知る

・足にあった靴を履く

・硬くなってしまった足の筋肉をほぐす

・アーチをつくるためのトレーニングする

・足の骨の姿勢を整える


まずは、『自分の足を知る』ことをお勧めです。

靴を買う時にサイズ(長さ)を基準に購入されると思いますが、ご自身のワイズ(横幅)

も知っておくと、自分に合った靴が見つかりやすくなります。

正しいサイズの靴を履くことで、靴の中でアーチが歩行の役割を助けてくれます。

 

今は靴屋さんにいくと機会で計測してくれる所もあります。

もっと詳しく知りたい方は、フットカウンセリングもお勧めしてます。


次回は足の計測についての記事を予定してます。


それでは、また。








8回の閲覧

最新記事

すべて表示